SNS用にサクッとおしゃれに加工できるアプリ「A COLOR STORY」

#おしゃれ #Photogenic #写真加工 #instastories #物撮り #風景 #旅行

多分私が一番課金しているであろうアプリ。iPad版のほうが大きくて使いやすいのでそっちでフィルターは結構買っていますが、特に気に入っているものはiPhoneの方でもすぐ加工してアップできるように購入しました。

 

 

カメラで撮った写真は基本的にPhotoshopで加工することが多いけど、SNSにアップするようなものはA COLOR STORY を使うことが多いです。

A Color Story

A Color Story

A Color Story LLC無料posted withアプリーチ

おしゃれなフィルターアプリといえばVSCOが有名だけど

VSCOっていうフィルムライクに加工できるアプリがあって、これはすごく有名ですがA COLOR STORYはVSCOよりも女性向け。

VSCOっていうフィルムライクに加工できるアプリがあって、これはすごく有名ですがA COLOR STORYはVSCOよりも女性向け。

雰囲気や感覚で選べるし、フィルターに名前がついているから覚えやすい!(VSCOも大概課金してたけど)

ちなみに私が即課金したフィルターパックはこちら。(基本はiPadで買っています)

一番右のFRESHES〜はコスメの物撮りにはまじでおすすめです!
CARDIGANはファッション系、PICNICはカフェとか雑貨系と相性良い。

Instagramアカウントではストーリーのarchiveで加工のbefore afterを公開しているのでイメージを膨らませやすいかも。

どんな加工に向いている?

風景 コスメ 旅行 カフェ スイーツ 明るい場所 野菜 果物 コーデ写真 植物

A COLOR STORYの使い方

画像の加工は、しようと思えばいくらでもできるのですが編集を加えれば加えるほど画質は劣化していくと思ってください。

できるだけきれいに画像を残したいのであれば、撮影時の設定を工夫して加工アプリの使用は最小限にしておくこと。
でもなかなかそうも行かないシチュエーションもあります。 例えばこの画像でいえば、店内の黄色く薄暗い照明。 今回はこの照明の黄ばみをとって画像の明度を上げるイメージ。
黄色のチェックが付いている3つの項目を主に使います

A COLOR STORYのフィルターはとってもおしゃれなので、フィルターだけで完結するのならそれでもOK。

まずはフィルターの中から自分の完成イメージに近いものを選んで適用させます。

適用させるレベルを選択できるのでこのあと微調整に進む場合はちょっと物足りなくらいでセットしておいてください。
ここのフィルターは課金して損はないですよ〜!かなりクオリティ高いです。

画像はiPhoneのスクショなんだけど、iPadの方のアプリはかなりフィルター購入しています。

A COLOR STORYはフィルターパックごとにテーマや名前で覚えやすいけどお気に入りのショートカットがあるので、
これ好き!っていうものは♥をタップしてお気に入りに入れておけば、次回から見つけるのがラク。

よく使うフィルターって大体決まってくるからお気に入り機能は活用したほうが良いと思います。

アプリのボトムナビゲーションの左から3つ目のアイコンをタップするとADJUSTとCROP&FRAMEという項目が出てきます。

まずはADJUSTから。

ADJUSTでは画像の色味や明るさなどの微調整を行う事ができます。
まだまだ黄ばみが取れていないのでADJUSTで黄ばみを取り除いていきます。

たくさんいろんな項目が出てきますが、今回は色味を調整するのが目的なのでCURVESを選択。

CURVESをタップすると画面のうような表示が出てくるので、

①増減したい色味を選ぶ。
②実際に動かしてみてちょうどいい色味に調整する。

 今回の場合は赤みを少し減らして、青みをプラスしました。

たくさん項目がありますが、その他で使用頻度が高いのは以下。

  • 【CURVES】 色味トーンをカーブで調整。
  • 【CLARITY】 明瞭度の調整。
  • 【CONTRAST】 画像の対照トーンを調整。
  • 【BRIGHT】 明るさの調整。
  • 【VIBRANCE】 自然な彩度の調整。
  • 【HIGHLIGHT】 明るい色の明度の調整。
  • 【SHADOW】 画像の暗い色の明度の調整。

色味が調整できたらアスペクト比(画像のサイズ)などを整えていきます。 
iPhoneのデフォルトの画像編集ツールからもアスペクト比は変更できるのでここはスキップしてもOKです。

各機能の説明は以下。

  • SQUAREFIT】 縦長や横長で撮ったものを正方形になるように余白を追加。
  • 【SQUARECROP】 ましかくにカット。
  • 【CUSTOMCROP】 任意のアスペクト比のサイズにカット。
  • 【TILT】 画像の傾きを調整。
  • 【PERSPECTIVE】 画像の遠近感を調整。
  • 【90° ROTATE】 90°画像を回転させる。
  • 【FRIP】 上下に反転させる。
  • 【MIRROR】 左右に反転させる。

今回加工したテイストを他の画像にも簡単に適用させるために自分専用のプリセットを作成します。
グリーンのSAVEと書いてあるボタンをタップしてわかり易い名前をつけて保存。日本語もOK。

後で使う使わないは別としていい感じにできたなーと言うときはとりあえず保存しますw

保存したプリセット(設定)を他の画像に適用させたい場合は、SAVED からMYSAVEDに進んで先程名前をつけて保存したプリセットをタップするだけ。

SAVEDには、過去に保存したプリセットを編集する EDIT SAVED や、加工の履歴 RECENTS という項目も。

一時的に同じ設定を適用させたい場合はプリセットにわざわざ登録しなくてもRECENTSから呼び出せば同じテイストに仕上げることができます。

私は家の照明が黄色いのでそれを補正するものや、空の青をしっかり引き出すような設定などを保存してあります。


今回は「A COLOR STORY」というアプリの紹介でした。
横スクロール、重かったり不具合あったらごめんなさい😥アプリのチュートリアルって縦長になるのがどうしても嫌で😅

もっと簡単に書きたかったけど、便利さ伝えようとすると長くなりますね😅
私のチュートリアルは、さらっと読み流してもらっていろいろいじってみて理解するほうが良いと思います。

次はLightroomの紹介をする予定だけどA COLOR STORYのほうが、おしゃれ & 感覚的に操作できるので、よほどのこだわりがない人はA COLOR STORYでいいかと思います♡

愛用アプリ一覧の方にも書きましたが、姉妹アプリのA Design Kit  もおすすめです。有料だけど。

その他の愛用アプリの一覧はこちらから♪

iPhoneのアプリでよく使うもの

category : , ,
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.