ニキビ改善効果を期待できるハーブを食事に取り入れて体内から美しく

イタリア料理を食べると美容や健康に良いといいますが、この根拠にはイタリア料理には野菜がたくさん使われていることと、ハーブがたくさん入っていることがあります。

そこで今回は手軽に手に入るハーブを食事に取り入れることで健康や美容に体の内側からアプローチしていこうというお話。私自身はあまりニキビで悩むことがないのですがTwitterを見ているとニキビで悩む人って意外と多いんだなぁということで…今回はニキビに良いハーブです。

これを食べればニキビがなくなる!というものではないけど、気休めにでも食事に取り入れてみるとニキビだけではなく、美肌や健康にも良いので積極的に活用したいですね。
※ハーブは妊娠中の人や持病や既往歴によってNGなものもあるので、不安な人は専門家に相談したり、調べたりしてください。

ニキビ予防にいいとされるハーブ

バジル

パスタやピザ、サラダなどでおなじみのバジルです。

バジルはバクテリアを撃退し、しわやニキビといった肌トラブル、体の酸化の原因となるフリーラジカルを遠ざけます。

新鮮なバジルをサラダやパスタなどに取り入れましょう。

オレガノ

オレガノは殺菌効果に加え、エイジングケアに良いと言われるクロロフィルを含んでいるため胃腸の荒れや食欲不振などに効果があると言われています。

ニキビを招く肌の炎症にも効果があるので積極的に取り入れたいですね。

サラダやドレッシングに入れたり、ハーブティーに入れたり…肉のくさみをとるのにもいいので香草焼きなどにも。

オレガノは生でも乾燥でも大丈夫です。

コリアンダー

エスニック料理ではおなじみのコリアンダー。
少しくせがあるので苦手な人もいるかもしれません。

コリアンダーはデトックス効果があるのでニキビにはとても効果的。

エイジングケア効果のあるクロロフィルも含んでいるので低血糖にも

スープやドレッシング等に取り入れてみてください。

パセリ

料理の彩りやかざりのイメージが強いパセリですがニキビを改善するためには残さず食べてください。パセリにはデトックス効果があり、クロロフィルも豊富なのでニキビ改善につながるうえにどこでも手に入る嬉しいハーブです。

また、パセリにはビタミンCも豊富なので美肌のためには積極的に取り入れたいですね。

刻んでチャーハンに混ぜたり、スープに入れたりしてどうぞ。

セージ

セージは香りがよく、鎮静効果があるので炎症を沈めたりストレス解消に役立つと言われています。

殺菌効果も高いので病気やニキビにつながるバクテリアを退治してくれる嬉しい効果も。

少量で肉の臭みを消してくれたりもするので肉料理の際にはぜひ使ってみてください。スープなどにもお勧めです。

ニーム

ニームは虫除けなどにも使われるハーブです。

過剰な皮脂分泌を抑え、皮膚細胞をキレイにしてニキビを防いでくれます。

ニーム茶などは手に入りやすいと思うので、普段の飲み物として取り入れてみて下さい。

ミント

ミントはお酒やスイーツなどにも使われるおなじみのハーブですがミントは炎症を鎮めてニキビを防いでくれるクロロフィルが含まれています。

ミントティーやスムージー、ミントアイスなどもいいですね。
食後や気分転換したいときなどには是非取り入れてみてください。

ハーブを直接取るのが苦手な人はハーブの成分が凝縮したサプリメントなどもあるのでそういうものを活用しながらうまく体内に取り入れていきましょう。
目に見えてすぐに変化のあるものではありませんが、ゆっくり体内をキレイにしていきたい人にはおすすめです。

,
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.