【2018-11-10 追記】私の大本命、クレイツのホリスティックキュアドライヤー

12月から温存していたクレイツのホリスティックキュアドライヤーの記事。
生産が間に合っていないのかドライヤーの在庫が厳しいところが多いようで、みんなが手に入れやすくなるまで記事の公開を見送っていました。

カールアイロンは結構在庫あったみたいだけど、ストレートアイロンとドライヤーは、ずっと売り切れ状態のところが多かった…。
最近は購入したよ~という声もよく見かけるようになったので満を持して更新です。もう手に入れている人のほうが多いかもしれないですね(^o^)

さて本題ですがこちらのドライヤー、ホリスティックキュアーズとクレイツがコラボして作った最新のドライヤーです。※記事の大半は12月に書いたものです。

先日12月4日に美容室にいったんだけど、そのときに早速導入されていて色々教えてもらいました😊

 

2018-11-10 追記しました↓
2018-04-16 追記しました↓

この記事の目次

ホリスティックキュアーズって?

ホリスティックキュアーズは外見だけではなく、最先端の科学技術×自然のチカラで内側からも美しくなることをコンセプトとしていろいろな美容プロダクトを手がけている会社です。

アメリカのニュージャージー州発、週の来客数2,000人を誇るトータルビューティーサロン「デパスカル ザ スパ」と共同開発したスキンケアが日本国内でもじわじわ来ているので知っている人は知っているかも?

そのホリスティックキュアーズとヘアケア機器で業界内ではトップシェアを誇るクレイツが、ドライヤーとヘアアイロンを共同開発。

ホリスティックキュアドライヤーの気に入ったところ

あれだけヘアビューザーがほしいほしいと言っていた私ですが、クレイツのホリスティックキュアドライヤーに心が動きました!

ホリスティックキュアドライヤーを実際に触らせてもらって、気に入った箇所を箇条書きで書き出してみます。

ヘアビューザーと両方触りながら、違いを確かめさせてもらいました。

  • ヘアビューザーは少し重たいのがネックだったけど、ホリスティックキュアドライヤーは軽い
  • ホリスティックキュアドライヤーの表面はマットなので滑りにくそうで良かった。デザインも好き(でも高級感があるのはヘアビューザーかなぁ)
  • モーターはダイソンと同じレベルのものを搭載しているらしい
  • ホリスティックキュアドライヤーに搭載されている術はヘアビューザー同等以上であること
  • ホリスティックキュアドライヤーの価格はヘアビューロン2と変わらないこと(2dPlusより1万円も安い)
  • 大好きなクレイツの商品だから間違いないのでは、という期待値
  • 2018-04-16追記 保証期間が終わっても、修理代¥3,000以上はかからない!(送料・消費税別)

ラインアップはざっとこんな感じです。
詳細↓(ドライヤーはずっと売り切れだったけど今(2017-03-15)見たら在庫が復活していた!!)

ホリスティックキュア ドライヤー CCID-P01B

髪の内側と外側から同時に乾かすことで、熱ダメージを軽減し、滑らかでまとまりのある髪に。 ¥22,000 (税抜)
従来のドライヤーと比べ、圧倒的な回転数を誇る「ブラシレスDCモーター」を搭載しているため早くムラなく乾かせる。

ホリスティックキュア ドライヤー CCID-P01B
ホリスティックキュア ドライヤー (CCID-P01B) ホリスティックキュアーズ×クレイツイオン

ホリスティック キュア カールアイロン CCIC-G7208B/CCIC-G7210B

クレイツのアイロンは間違いないです。髪の表面がツヤツヤになるし、持ちやすい。温まるのが早いのもプラスポイントです。
カールアイロンは26mm/CCIC-G7208B 32mm/CCIC-G7210Bの2種類。各¥15,000 (税抜)

ホリスティック キュア カールアイロン CCIC-G7208B/CCIC-G7210B

ホリスティックキュア カールアイロン 32mm (CCIC-G72010) ホリスティックキュアーズ×クレイツイオン
ホリスティックキュア カールアイロン 26mm (CCIC-G72088) ホリスティックキュアーズ×クレイツイオン

ホリスティック キュア ストレートアイロン

コンパクトで2層プレート搭載のストレートアイロン ¥12,000 (税抜)
改良を重ねたプレートでしっかり髪の毛を伸ばしてツヤツヤに導くストレートアイロン。軽く挟むだけでいいので手が疲れない。

ホリスティック キュア ストレートアイロン
ホリスティック キュア ストレートアイロン (CCIS-G03B)

ホリスティックキュア アイロンのおすすめポイント

安心の自動電源OFF

プロユースということもあり、ホリスティックキュアアイロンは自動電源OFF機能を搭載しています。
最後の使用から1時間後には電源が自動でOFFになるため、うっかり切り忘れてしまったとしても安心です。

起動から45秒で使用準備OK

忙しい朝でも、電源を入れてすぐに使用できるので時間のロスがありません。
髪質に合わせて150℃〜190℃まで、10度毎の5段階刻みで温度設定が可能。操作も片手でカンタンです。

シリコンラバーでテンションがかけやすい

ホリスティックキュアカールアイロンは、パイプの接続部にシリコンを使用しており髪の毛をカールする際に程よくテンションをかけることが出来るので、思い通りのスタイリングに。このシリコンラバーがあるとないとでは全然違って、クレイツ以外は無理になった!!

特許のことに関して詳しいことはこちら↓長くなったので畳んであります。

 

クレイツの国際特許

クレイツの国際特許

クレイツはドライヤーやヘアアイロンの特許と持っています。それはどんなものかというと、砂岩を粉砕した砂岩粉状体と2種類以上の多元素鉱物を粉砕して形成した多元素鉱・・・・難しい・・・もう少し噛み砕いてみましょう。

要するに、砂岩と幾つかの鉱物を練り込んだセラミックをドライヤーの吹き出し口に取り付けることで、ドライヤーの性能を良くするというものをクレイツイオン®として登録しているみたい。遠赤外線の温熱効果で、低温で短時間に毛髪の乾燥やセットを行なうことができる。マイナスイオンなどのことはちょっと触れないでおくね…w


特許ってすごいの?

特許ってすごいの?

ちょっとここで余談ですが、特許って聞くと漠然と「すごいもの」と考える人が多いと思います。
でも本来、特許というものは科学的根拠はなくてもとることはできます。説明のつく独自の技術や製造方法などを守るためのライセンスです。(科学的に効果効能を証明できるかという部分ではなく、製法に独自の技術を用いていれば特許は取得できる)

日本語って難しい…。

つまるところ、特許は最初に発明した技術を保護してくれるシステム。なおかつ、産業の発展のために一定期間をすぎるとその技術は解禁されます。
保護されている間は当然、勝手にその技術を使用すると特許権の侵害で訴えられます。もちろんライセンス料を支払えば正当に使うことはできますよ^_^

特許というと医薬品などでは馴染みがあると思うのですが、お薬も開発した製薬会社の特許権が切れると、後発医薬品がジェネリック医薬品として発売され処方に選択肢が出たりしますね。こ れは、加工する技術や環境が整ってさえいればすぐに応用できるため、研究開発費の承認獲得費コストカットなどで、同じ成分なのに安価で提供できるという仕組み。

他には意匠権なんかも特許と似ていて、高級な家具などのデザインを模倣されないように、ライセンスを取っている場合があります。意匠権も切れてしまえば、同じようなデザインで他の会社が発売することが可能となります。

話を戻しましょう。

根本的な部分はヘアビューザーもホリスティックキュアドライヤーもおなじ。

さて、美容師さんが言うには、クレイツはドライヤー製造の技術に関して国際特許を“もっていたわけですが、その特許が切れたタイミングでこの技術を応用して作られたのがヘアビューザーだそうな。

確かにヘアビューザーやヘアビューロンってセラミックから出るイオンの力で云々みたいな話ですから、なるほど確かにと納得。

なのでどちらも製品としては非常に似た技術を使って作られているという認識でOK。プロモーションに関してはリュミエリーナの方が上手ですし、さきに技術を開発したのはクレイツ。というだけです。

PRの得意なリュミエリーナの手腕でヘアビューザーが流行ってなければこのホリスティックキュアドライヤーも陽の目を見ることはなかったかもしれませんから、単純にクレイツ=大正義というわけではない。

キャノンのカメラとニコンのカメラどっちがきれいに写せる?というのと同じくらい不毛な話。

で、そんなヘアビューザーやリュミエリーナの最新機種ドライヤーであるレプロナイザーや、ダイソンのドライヤーなど高級ドライヤー市場に満を持して登場したのがクレイツのホリスティックキュアドライヤー

熾烈な戦いが繰り広げられる美容ドライヤー業界。

消費者としてはよりクオリティの高いプロダクトが生み出されるのは喜ばしいことですが、そういうサイドストーリーがあったのね、と納得。

もちろんレプロナイザーにはレプロナイザーの良さがあるんだけど(後述)、個人的にはクレイツに軍配が上がりました

けどまたこれが良いよ!!っていうのが出てくるかもしれないし、買いたいときに欲しいものを買うのが正解w もっといいものをって待ってたらキリがない。

プリンターやカメラやパソコンと一緒ですね…そう、ドライヤーも家電。

クレイツのアイロンはもう10年近く使っているから良さは知っている

まず私がクレイツ贔屓なのは、クレイツ以外のアイロンは買ったことがないからです。(使ったことはあるけどほしいとは思わなかった)

ずーっとクレイツのアイロンを愛用しています。理由は自分が行っているヘアサロンがクレイツのヘアアイロンをずっと使っているから。

美容室シェアナンバー1だそう。丈夫だし、あたたまるのが早いし、値段もバカ高くないし何の不満もありません。

もちろんアイロンにもクレイツの国際特許は採用されています。

ずっと愛用しているクレイツから出ているドライヤーなのでやっぱり信頼度は高いわけです。
ヘアビューザーが出る前、ずっと狙ってたドライヤーもクレイツのものでした。

レプロナイザーの出現で、なんだこれ!!と思ってレプロナイザーが欲しい欲しいとずっと思っていたけど、クレイツから同等のものが出るんだったらクレイツがいい!笑

レプロナイザーのいいところ

何が違うの?レプロナイザーとヘアビューザー

こうしてふたつの商品を比較して記事にするとまるでレプロナイザーよりもホリスティックキュアドライヤーのほうが良い!みたいに見えますが、そういうわけではないです。

レプロナイザーは低温でブローも可能なため、スタイリングに不慣れな人でも扱いやすいということや、見た目のデザインがスタイリッシュで女性向けであること(部屋の中にあるものだからデザイン大事)ヘアビューロンに関しては巻き直しもできるということなど、いろいろとメリットはあります。

なので、一般家庭で使うにはレプロナイザーで事足りるとおもいます。レプロナイザーのほうがより艶感は出た印象。ウィッグみたいなツヤが出ますよね〜。

見た目も女性が好きそうなのはレプロナイザーの方だと思うので、ここに関しては好みの問題かなと思っています。

意外と見た目も大事ですよね。ちなみにダイソンのドライヤーはオンラインで買うと革のボックスが着くらしい(欲しい)

待望の白いホリスティックキュア ドライヤーが登場!!!

ホリスティックキュアといえば黒いドライヤー。レプロナイザー の白に対して、黒のドライヤーということで見た目でいうとレプロナイザー の方が女性の部屋には馴染むかなと思っていたのですが、待望の!!!白いホリスティックキュアドライヤーが登場です🎉🎉🎉

 

ホリスティックキュア ドライヤー モイストプラス (CCID-P02W)

ホリスティックキュア ドライヤー モイストプラス (CCID-P02W) ホリスティックキュアーズ×クレイツイオン

黒のホリスティックキュアドライヤー と白のホリスティックキュアドライヤー 、どう違うのか?というところだと思いますが、これは早速美容院で教えてもらったので記載しておきます。参考にしてください。

黒のホリスティックキュアドライヤー がオススメの人

  • 早く乾かしたい人。
  • 髪が柔らかくてへたりやすい人。
  • 根元から立ち上げてボリュームを出したい人。

白のホリスティックキュアドライヤー モイストプラス がオススメの人

  • ヘアダメージがきになる人。
  • 髪がパサつく、乾燥毛でしっとりまとまりが欲しい人。
  • 毎月カラーリングやパーマをする人。

ホリスティックキュアドライヤー モイストプラスの方が、ワット数が少ないのですが通気口のセラミックを改良し、熱風が届きやすくなるようにしたとのこと。
動画もあったので貼っておきます。

お値段も据え置きなので、これから買う人は自分のヘアにあう物を選ぶといいと思います。ビューティーパークはまだ販売開始していないようですが近日中に販売開始されると思いますよ♪

ホリスティックキュアドライヤー モイストプラスを狙っている人はもう少しお待ちください。
現行機の黒のホリステックキュアよりモイストプラスがいい!というわけではないのでもちろん黒のホリスティックキュアドライヤーの特徴にピンときた場合は今のうちに購入するのがオススメです。年末近くになるとボーナスやギフトシーズンに入り、在庫確保が難しくなることが予想されます!

端的にいうと、

長く使うものだし安い買い物ではないから決め手が欲しい人(2018-04-16追記)

ついこの前気づいたんだけど、ちょっとこれ地味に神過ぎない?!うっかり日本語崩壊しますよそりゃ。

ホリスティックキュアの製品は、

メーカー保証が切れた後も修理代が3000円以上かからない

のです!!

ドライヤーはともかく、アイロンって毎日使っているとケーブルやセラミックがダメになったりすることもありますよね。これは高い買い物をする上で、かなり安心材料になるのではないかと思います。

以前、初期不良で修理お願いした時もすごく丁寧に対応してくれた(というかすぐ新品を送ってくれた)んだけど、ちょっと本当に良心的過ぎませんか・・・。

安い買い物ではない、ましてドライヤーなんてそうそう買い換えるものでもない、こういった観点から保証面も大事だと思うんですよね。

大事に使っても壊れるときは壊れる。万が一壊れても安心だと思うとガシガシ使える。

はぁークレイツ大好きぃ!!!!ただしもちろん正規品でないとこの保証は受けられないので、きちんと正規品販売店で購入しましょう。

ホリスティックキュアドライヤーで髪の毛を乾かした感想

実際にホリスティックキュアドライヤーで髪の毛を乾かしてみた感想ですが、レプロナイザーとの大きな違いは私にはわかりませんでした。
風量は強いから、早く乾かしたい人はホリスティックキュアドライヤーがいいと思う。
クレイツのドライヤーのほうが少しチープな感じはあるけど、その分重たくないので腕が疲れなさそうだなぁという感じ。髪の毛が長くて多いから、ドライヤー重たいと疲れちゃうんですよね…。まぁチープに見えても頑丈なのでそこは安心していいと思います。それについいしたように修理代が何と言っても安心のアフターケア。

ホリスティックキュアドライヤーは自然な艶でした。

最後に-進化系ドライヤーの比較表を作ったので参考にしてください(^o^)

PDFファイルなので↓をクリックして開いてくださいね。無断転載はお控えください。

 

軽くて早く乾かすならホリスティックキュアドライヤー、見た目&ツヤ感重視ならレプロナイザー2dPlus。

端的にいうとこんな感じ。(ツヤ派でレプロナイザー3DPlusを買える予算を確保できるのならそっちにしたほうが尚良です。保証期間も2dPlusよりも長いし、モーターも3dPlusの方が進化しているそうなので😊アイロンはホリスティック一択ですがドライヤーはレプロナイザーとホリスティックどっちも甲乙つけがたい。。。!)

どちらも甲乙つけがたいけど、私はクレイツのホリスティックキュアドライヤー派です。
美容師さんも私の髪ならレプロナイザーよりホリスティックキュアドライヤーのほうが使いやすいと思うよということだったので、その言葉を信じる!ヽ(´ー`)ノ
ただしハイダメージ毛や艶が出にくい髪質の人はリュミエリーナのほうが良いかもしれませんね…。ここはもう自分の髪質と相談ですね。

髪の毛が柔らかい人や艶がない人は2dPlusのほうが髪の毛の表面に艶が出て良いと思いますよ!

紫外線で髪の毛が痛みやすくなる春夏、ドライヤーを新調して春を迎えましょう。

information

アイテム名ホリスティックキュア ドライヤー (CCID-P01B) ホリスティックキュアーズ×クレイツイオン
価格¥23,760(税込)
メーカークレイツイオン
その他髪の内側と外側から同時に乾かすことで、熱ダメージを軽減し、髪にツヤ・潤い感を与えながらシルクのような滑らかでまとまりのある髪に仕上げ。
関連カテゴリー
キーワード:

※画像はサイトから提供してもらった画像です。わたしの管理下にあるものではありませんので無断転載はお控えください。

category : , , , ,
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.