ラピスラズリのLLフェイスケアブラシ!洗顔用のブラシで優しく洗顔

tools - NEWS - BEAUTY - skin care

随分前にクラファンで買って届いていたんだけど、最初に撮った写真が気に入らず取り直さないまま使ってて、最近やっと撮り直しました😅

こちらのブラシ、以前クラウドファンディングで販売された商品で、コロナの対応に追われていた頃に届いてバタバタしてたのもあるしそうそうたる面々のブログでもうみんな知ってるよね、と思いながらも私も書いちゃうよ。

ラピスラズリ LLフェイスケアブラシ(洗顔筆)

開発者の彩さんはTwitterなどで仲良くしてもらっています。とあるご縁wから、お話するようになって色々お世話になってます。

そんな彩さんの敏感肌向けのブランド「ラピスラズリ」がクラウドファンディングに挑戦とあったので初めて支援してみました。

 

最近よく聞くけどクラウドファンディングってよく仕組みがわかんないよって人は、控除のないふるさと納税みたいなもんだと思ってください。

支援の金額が決まっていてそれに応じて主催者が返礼品を用意したり、体験やスキルなどのなにかしらのリターンを用意する。お手紙だけみたいなのもある。これは寄付みたいなもんだね。

で、普通はほんのり色を付けて金額設定するものなんだけど、利益率大丈夫なのっていう金額設定で期待を裏切らない彩さんw 結果、クラファンは423%達成で大成功を収めたのですが。

大した支援はできてないけれど、頭数のひとりにでもなれたらいいなーと思ったのと純粋に興味があったのとで購入に至りました。

現在はアマゾンなどから購入できます。公式サイトはこちら。

彩さんのブログはこちら。

 

洗顔ブラシは電動のものを使ったことがありました

過去に洗顔ブラシは電動のものを使ったことがありましたが、やっぱりちょっと顔の表面は摩擦が強くてちょっと怖いなーという感じでフェイスラインやデコルテ専用になっていました。

肌はできるだけ摩擦しないほうがいい、とはいっても30過ぎたくらいから角質がちょっと溜まってますねって言われるようになったので時々拭き取り化粧水などで対策はしています。

ただ拭き取りはフェイスラインなどのザラザラにはそこそこ効くんだけど鼻の毛穴などはいまいちなんですよね。

やっぱりブラシやクレイなどで落とすのがいいなーというのが私の中で出た結論でした。

ラピスラズリのフェイスケアブラシは熊野筆の竹宝堂と開発されたらしい

さてさて洗顔ブラシ、アマゾンなどで検索してみるとピンきりで、手動のものは1000円前後からあります。
ちょっと相場よりお高い気がする人もいると思うのですが、とってもこだわって作っている&大量生産でないことも踏まえると決して高くはない。大事に使えば長く使えるものですしね😊

ラピスラズリ LLフェイスケアブラシ(洗顔筆)

肌質も価値観も人それぞれなので、そこまでの価値を見いだせないよって人がいるのは当然だと思うけど、敏感肌寄りの人は納得するんじゃないかな、と思います。

少しポイントを整理して紹介していきますね。

ポイント1/熊野筆の竹宝堂とコラボ、職人が1つずつ手作り。

まずはこれ。安価の洗顔ブラシは中国製のものが多いですが、国産で広島の伝統工芸品である熊野筆とコラボレーション。
竹宝堂と言えばコスメ好きなら説明は不要ですが、その技術は世界でも認められていてブラシの品質も良い。職人の手によってひとつひとつ手作りされています。

高級ブランドのシェービングブラシのような密度。そして2段構造になっています。

ポイント2/二段構造で敏感肌でも優しく角質ケアできる

このブラシの最大の特徴は二段構造になっていること。毛足の長い高品質なPBT毛は敏感肌でも刺激にならず優しく肌表面の汚れを落としてくれるもの。加えて天然毛に比べて耐久性もあります。

そして短い方の毛はポイント1でも書きましたが山羊毛を使用しています。山羊毛は程よいしなりで毛穴の汚れをかき出してくれます

力を入れることなく、肌の上を滑らすことで毛穴ケアと角質ケアが完了するというわけです。

ポイント3/洗面台にも置きやすい平たい柄と下向きに吊るせる紐

洗顔ブラシは石鹸を使ったり顔を水で洗いだりするときにどこにおけば・・・みたいになりがちなんですが、ひっくり返したら立てておくこともできるので両手を使うときでも置き場所に困りません。
そして使い終わったあとは軽く絞って干しておけるように柄の部分に紐が取り付けてあります。これが地味に便利。毎日使うものなので場所を固定できることと、水が柄の部分にたまらないよう配慮されています。

フェイスケアブラシの使い方

以下アマゾンの説明文からの引用

① ブラシと石鹸をぬるま湯でしっかりと濡らしてからブラシの穂先でくるくると円を描くように石鹸をなで、ブラシに石鹸をしっかりとなじませます 。

② ブラシの穂先を顔へまっすぐに当て、顔の内側から外側、下から上へ向かってくるくると円を描くようにして優しく洗います。

③ 鼻や目のキワはブラシの穂先をななめに当て、円は描かず小刻みに動かして優しく洗います

④ 汚れが浮いたら顔とブラシをぬるま湯で丁寧に流し、ブラシは石鹸を付け直して手の平でくるくると円を描くようにして洗い直します。

⑤ ブラシをぬるま湯で丁寧に流したらタオルなどでギュッと押さえるようにしてしっかりと水気を取り、ヒモでつるして逆さに干します

※週に1〜2回のご使用をおすすめ。

実際に使ってみた感想ですが、チクチクはもちろんしないしブラシでゴシゴシ洗ってる!というよりはなんか動物のしっぽで顔なでてるみたいな感じw
洗顔ブラシってちょっと柔らかい歯ブラシで表面を削っていく感じが敏感肌的には怖いんだけど、これはからめ取っていく感じといえばいいかなぁ。
習字の大筆とか近いかも。(習字の筆で顔触ったことはないけど)

洗い流すまではちょっと優しすぎない?って思うけど流すとスッキリしてるんです。男性に石鹸と一緒にプレゼントしてもいいと思います😊

そんなこだわりがたっぷり詰まった彩さんのフェイスケアブラシ、リモートワークでお化粧してなくても洗顔はするので、こういうツールで少し手をかけてみるのもいいですね😊

ラピスラズリ LLフェイスケアブラシ(洗顔筆)

天然毛を使っているので未来永劫使えるということはないですが、すぐにへたる感じはしなかったです。アマゾンには約半年〜1年ほどで毛が抜け始めますとありますが、それだけ持てば十分でしょう。

写真は2週間位使ったあと、ドライヤーで乾かしたものを撮影したんだけど傷んだ形跡ない!
取り扱いや保管方法などなにか不安なことなんかはご本人に質問したら大体何でも親切に教えてくれると思います。

created by Rinker
ラピスラズリ
¥3,795 (2020/09/27 09:35:59時点 Amazon調べ-詳細)

石鹸もリニューアルしたそうですよ!

クラファンの時点では見落としていたのだけどw、石鹸もリニューアルして量も増えたらしいです
LLモイストベールソープは、泡立てなくても使えるところが本当に好きなんだけどそこはそのままでヒアルロン酸の量を増やして肌の摩擦をさらに軽減させるように改良したそうです。

created by Rinker
ラピスラズリ(Lapis Lazuli)
¥1,815 (2020/09/27 11:34:35時点 Amazon調べ-詳細)

この石鹸はホントおすすめなので石鹸好きな人は使ってみてください。顔はもちろんボディにも使えるし、お子さんにもおすすめだそうです😊ゆずの香りも癒やされます。

普通の洗顔だと突っ張るのが多いって人はこれちょっと使ってみてほしい。お風呂においておいても溶けたりしないタイプです♪

参考になれば嬉しいです😊

information

アイテム名ラピスラズリ LLフェイスケアブラシ(洗顔筆)
価格¥3,795
メーカーラピスラズリ
その他二層のブラシが毛穴の詰まりや溜まった角質を優しく落とす、乾燥肌・敏感肌のための毛穴・角質ケアブラシ
関連カテゴリー
キーワード:敏感肌, 保湿
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.