POLA B.A から新しいローション “イマース” 誕生!大人の毛穴ケアにアプローチする化粧水

NEWS - 化粧水 - BEAUTY

この春、B.Aからいろんな肌質の人が使える新しい化粧水が出ます!​

発売日は2022年4月1日(旗艦店ポーラ ギンザでは2月1日より先行販売)と少し先ですが、先日新作発表会に参加して、お勉強させてもらったので、B.Aについてまた少し語ってみたいと思います。

今回の発表会はB.Aから新しく出る大人の毛穴悩みに特化したローションの話。

それに加えてB.Aと言うブランドについての再認識や、他の既存アイテムとの違いや特徴等についても知識を深めることができました。

発表会の内容が濃くてみんなにも色々知ってほしいと思うといつもすごく長くなるんだけどそのまま流しますw 

まずは、ポーラの様々なブランドの中でも最高峰である、B.Aブランドの特徴について話していきたいと思います。

新商品の話を先に!という人はここからがイマースローションの話になります。

B.Aブランドの特徴

B.Aブランドはポーラの最高峰のブランドです。

POLA B.A 特徴

当然POLAの研究の最先端の成果がここに反映されているというのは

想像に難くないですよね。

 

ではどんな研究をしているのか。

 

POLAの研究はお顔だけでなく、全身の細胞から脳、メンタルまで多岐にわたります。

 

加齢とともに弱まる繊維芽細胞機能を高めるバイオアクティブという技術が根幹にあり(ちなみにB.Aというブランドネームもバイオアクティブの頭文字から来てるらしいです。)

遺伝子的に細胞を生まれ変わらせることができるエピゲノム

それから抗糖化、B.Aといえば抗糖化をイメージする人も多いと思います。

POLAが糖化に拘る理由、それは肌の糖化は気づかないうちに起きているからだそう。

 

お肌の糖化を防ぐことはもちろんAGEsの分解除去機能など、様々な最新の研究から開発された機能が備わって総合的にエイジングケアが可能となるブランドがこの黒のB.Aシリーズと言うことになります。

 

新たに発表された「イマース」というローション。

それでは前置きが長くなりましたが本題に入りたいと思います。

今回発表された新しい化粧水、イマースというローション。

POLA B.Aローション イマース

先ほど述べたようにB.Aブランドと言うのは総合的にエイジングケアができるブランドですが、その中でも今回は特に大人の毛穴悩みに特化したケアができるものになります。

 

今までのB.Aとは違う、B.Aシリーズの入り口としても

結論から言うと今までB.Aシリーズがしっくりこなかった、いまいち価格ほどの手応えがなかったという人たちに試して欲しい化粧水です。

 

というのも、使い心地がとってもみずみずしくてベタつきもない、香りもフレッシュな香りでありながらも高級感は維持している・・・と、今までよりも更にいろんな肌質の人が効果を実感できそうだなと感じたからです。

現行のB.Aローションは、本格的にエイジング肌にアプローチするものということもあって、肌の状態や肌質によってはイマイチ効果を十分に実感できなかったりもあったと思います。

私も20代の前半の頃、使ってみたときに黒のB.AよりホワイトショットやREDB.Aのほうがしっくりきたというような感じで良いのは良いけど、まだここまで頑張らなくていいかなという感じで良さがそこまでわかりませんでした。(今はビシビシ感じますw)

 

同じB.Aシリーズの括りではあるんだけど、そんな人にもちょっとイメージを取っ払って試してみてほしい、B.Aローション イマース。

それでは詳しくB.Aローション イマースの機能について説明していきたいと思います。

 

大人の毛穴トラブルと汗の関係

大人の肌に糖化が良くないのは皆さんも知っているとは思うんですが、今回はその糖化を更に掘り下げたものとなっています。

私達の肌は室温で4時間座っているだけでも人は約200ミリリットルも汗をかいているそうで・・・。

肌の潤いを保つためや肌の表面の乾燥、抗菌など、汗をかくことは良い側面多いイメージですよね。

汗をかくことは良いこと、でもその汗が原因で生じるデメリット解決するべく開発されたのがこのB.Aローション イマースになります。

 

糖化汗とは

大人の毛穴の開きやたるみといった悩みのリスクとして肌の糖化に一因があることが発見されました。

そしてその糖化に挑んできたPOLAのB.Aシリーズ。

 

汗は肌を潤す、汗をかくために運動しましょう、サウナに行きましょう、いろいろ汗をかくメリットの話が美容界隈でも度々話題になるんですけど、実はこの汗が変化して【糖化汗】に変わってしまうという悲しい事実が発覚しました・

特に30代以降は毛穴が広がり糖化汗が侵入しやすいのでケアが必要です。

 

高温、紫外線によって糖化反応が加速

さらにはこの汗の変化は環境や気候で糖化反応が約156%加速するという・・・気温や紫外線量が増加する春夏はただ生きてるだけで糖化汗のリスクが高まるという。

 

具体的に糖化汗がどんなリスクを引き起こすのか

【表皮で起きていること】

表皮では、角化異常に関連する因子が増加して【毛穴の開き】を助長。ゴワゴワやターンオーバーの乱れなど目に見えてわかる部分で影響します。毛穴の開きから皮脂分泌など、様々な肌トラブルなども引き金になりそうです。

 

【真皮で起きていること】

真皮への影響は、真皮を破壊する因子が増加して【毛穴のたるみ】を助長。毛穴目立ち、ベースメイクの毛穴落ちなど。

 

1度糖化してしまった汗はもとに戻りません。

こわい🥵

毛穴に化粧水が浸透しやすくなる技術を開発

このような研究の結果から、まずは汗が糖化することを防ぐために、

化粧水が毛穴の汗に届きやすくなる技術を開発しました。

この技術により、化粧水の浸透機能が525%もUP!

これは吸収力抜群の珪藻土のコースターにそれぞれ化粧水を垂らしてみたもの。実際の肌の上だとちょっとわかりにくかったのでなにかないかな・・・と思ってやってみました。

動画のほうがわかりやすいのでインスタに投稿しようかな、ひとまずブログは画像で載せておく😄

POLA ローション イマース

B.Aローションは表面に留まってじんわり浸透する(このあと時間をかけて吸い込まれていきました)のに対して、イマースは広がりながらさらーっと浸透していきました。

実際の肌と同じではないけどなんとなくイメージが伝わればうれしいです。

ローションイマースはほんとすんすん吸い込んでいくので、エイジングケアの化粧水特有のぬるつきや馴染むまでに時間がかかる感じが苦手な人には本当に一度試してほしい!

多分このつけ心地とかもすごく研究されたんじゃないかと思います。
同じブランド下の化粧水という位置づけだけど私の中ではしっかり別のものとして認識しています。

ローションのエキスと皮脂が分離せず均一に馴染む技術

水溶性のエキスが毛穴に入ると普通は皮脂成分と分離してしまうのですが、浸透力をUPさせたローションが毛穴の中に入り込んだときに皮脂と馴染んで毛穴の中で分散して行き渡るような仕様に。

 

汗を糖化させない保水ベールを形成

そして最後、仕上げに1プッシュ重ねることで糖化させないための保水ベールが肌の表面にとどまって汗が変質することを防ぎます

汗をかかないことは不可能なので、かいた汗が糖化汗に変化しないようにという形でのアプローチ。

 

イマースローションとB.Aローションの違い

まず価格が違うところ、じゃあそんなにすごくないのかな?と、気になりますよね。

B.Aローションは120mLで¥22,000(税込)

B.Aローション イマースは120mLで¥ 13,200(税込)。

1万円近く違ってきます。

POLA B.Aローション イマース 違い

これは今回のイマースローションが大人の毛穴に特化したものなので実現した価格だそうです。

なので、従来のB.Aローションとは別の目的のものと思ったほうが良さそう。

肌のたるみやしわ、乾燥、くすみ、ターンオーバーの乱れ・・・総合的にエイジングケアしたい人はB.Aローションがいいです。B.Aローションはオールラウンダー的存在。

くすみやシミなどに特化してケアしたければホワイトショット、

シワのケア・改善はリンクルショット、

エイジングケによる毛穴のたるみや開きが気になる人はB.Aローション イマース、という感じで

自分の目指したい肌によって選んで使えるものが新たに加わったと捉えています。。

POLA スキンケア 選び方

POLA内のブランド間の組み合わせは自由とこの前B.Aさんから聞いたので、

季節や肌のコンディションなどで好きな組み合わせを見つけていけたらいいですよね。

イマースローションの使い心地

使い心地は冒頭でも書いたけど、瑞々しい肌になります。

B.Aローションは肌がふわっと柔らかくなって表面がピンっとする感じに対して、イマースローションはしっかり肌の水分が満ち足りてぷるんと弾む感じ。

 

とろみについてはB.AローションやホワイトショットLX(化粧水)のようなとろっとしたものではなく、わずかにとろみはあるけれど、さらっとしています。

それでいて乾燥したりはない。

 

浸透力が高いということもあって重ねても重ねても重たくないので、皮脂分泌が十分な若い人や男性の方も、性別、年齢問わず使いやすいんじゃないかなと思いました。

 

既存のローションとイマース、どっちがおすすめ?

これはもう好みの問題なので・・・答えはないけど、

目安として、特に乾燥が気になる人はB.Aローションのほうが安心感があると思います。
春夏でもエアコン入れっぱなしのような環境の場合は乾燥対策をしたほうが良いと思います。

皮脂が気になる人はイマースのほうが使いやすいでしょう。
日中、外出が多い人や時間が立つとベースメイクが毛穴落ちしたり、テカってきたりする人はこっちをまず試してほしい。

ということだけ書いておきます。

予算によっても開きがあると思うので、まずは自分の続けられそうな方で良いと思いますし、
自分で決められない場合はカウンターやオンラインで相談してみるのもありです☺️

ちなみに私は今はどっちかというと乾燥寄りの普通肌なのでどっちでもいける感じなので・・・。
春夏はホワイトショットLXにしようと思っていたけど、ひとまずローションイマースをしっかり使ってから決めようかな😳

今の乾燥の時期、使用感が好きなのはB.Aローションの方だけど、暖かくなって毛穴が開いてくると毛穴ケア特化の方を取り入れたいと思うかもしれない。

自分の肌の状態を把握しながらその時々で心地いいものを選択していけるのが一番良いです。
ポーラの幸せにつながる美容ルーティンも参考にしてなりたい自分をイメージしてスキンケアを選んでもいいですね👦

さて、ここからは余談?ですが発表会で聞いてなるほど、と思ったことがありました。

ポーラ調べによると年々B.Aシリーズの売り上げは右肩上がりだそうです。

確かにここ数年、特にボトルがスタイリッシュな四角にリニューアルした頃くらいかな、20代後半から30代前半の美意識の高い人たちがちらほら愛用してるイメージに変わりました。

私が20歳前後の頃は、ちょっとリッチな親世代が使うものなイメージだった、見た目も価格も使用感も。

なので私が若い時よりも確実にB.Aシリーズを使う年齢層は広がっていると感じています。

SNSの普及や気候や環境、生活習慣の変化などで起きる肌トラブルの増加も相まって
若い世代でもしっかり予防のエイジングケアが浸透してきているイメージ。

その世代的にはPOLA最高峰のbrandの中に挑戦しやすい価格帯、使用感のものが出たのは喜ばしいですよね😃

今まではちょっとまだ早いかなと思っていた年齢の方や、肌質的に難しいかなと思っていた方にもぜひ手にとってほしいなと思いました。

季節は問わず1年間利用できますが特に春夏はおすすめの使用感となっています。

 

全国発売はまだ少し先ですが、東京は銀座の旗艦店では本日より発売開始!ぜひ今年の春夏の化粧水の候補で試してみてください♪

information

アイテム名B.A ローション イマース
価格 13,200 円(税込)
メーカーPOLA
その他(120mL ¥13,200<税抜 ¥12,000>、リフィル 120mL ¥12,100<税抜 ¥11,000>12000

B.Aリサーチセンターは今回、約20年以上にわたり積み重ねてきた、美しさの阻害原因となる「糖化」の研究から、汗の中に含まれるタンパク質が糖化するという新たな事実を見出しました。そして、大人の肌悩みのひとつ「毛穴目立ち」のリスクが“糖化汗”にもあることを新たに発見。

糖化汗による大人の毛穴ダメージから肌を守り、毛穴の目立たない、透明感あふれるようなハリ肌を目指す保湿化粧水。
2022年4月1日に発売(旗艦店ポーラ ギンザでは2月1日より先行発売)
関連カテゴリー
キーワード:敏感肌, 保湿, デパコス
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.