クレ・ド・ポーボーテのクッションファンデ、やっぱり買ってしまいました。

base makeup - NEWS - makeup - BEAUTY
タンクッションエクラ クレ・ド・ポーボーテ

クレ・ド・ポーボーテのタンクッションエクラ。ルージュルミヌを買ったときにお試しさせてもらって仕上がりがすごく良くてずっと忘れられずにいたあいつをとうとう買ってしまいました・・・!

最後に背中を押したのはあやんぬちゃんのインスタライブだったんだけど、
やっぱり人の肌で見てみると客観的にわかりやすいなぁと思って。(あとベースメイクの趣味が結構似てると勝手に思っている)

最近クレ・ド・ポーボーテでよくお買い物していますね。

えぇ、BAさんがいい仕事するんですよ・・・!

 

メインのベースメイクのアイテムを変えるのは2年ぶりくらい。

ルージュルミヌを買ったのは1月だったから2ヶ月越しの思いを遂げたわけだけど、ベースメイクをファンデーションで仕上げるのはすごく久しぶり!

多分ここ2年位はエピステームのCCクリームrmsbeautyのアンカバーアップ、ディセンシアのサエルのCCあたりを気分で使い分けていたので、
下地を塗ってファンデーションを塗って・・・というメイクが久しぶり。

エピステームのCCクリームはすごく良いんですよ。
いろいろなカウンターでも、かなりの確率でファンデ何使ってるんですかって言われるし (そして大体なんだそれみたいな顔されるw 知名度😅)
全然不満があったとかではない。

ファンデはコロコロ変える派の私が2年もリピートし続けるなんて初めてではないだろうか・・・。
1本できれいに仕上げたい人にはまじでおすすめです。

アンカバーアップもエピステームもCCクリームもコスパは恐ろしいほど高いです。

ただタッチアップしてみたときに、あまりに良かったのが忘れられなかったから今回の春夏は久しぶりにファンデーションに回帰。

クレ・ド・ポーボーテのタンクッションエクラにしました。

肌色は機械で測定して選ぶ。

顔と首の肌の表面を機械で撮影して、色を測定。

タンクッションエクラは、6色展開なので色選びがちょっとむずかしいような気もするのですが、シアーな仕上がりなのでそこまでピッタリの色でなくても大丈夫かなと個人的には思います。

私が選んでもらった色はオークル10

機械で測定した色はこんな感じ。少しだけ赤みよりのTHE標準色の女

クレ・ド・ポーボーテ 肌診断

明るさはそこそこあるからなのか白いと言われるけど(血色悪いだけでは😥)肌色は標準か色数が多いものなら1つ明るい色が多いのですよ〜。

画像はルージュルミヌを買いに行ったときに出してもらった用紙なので載っていませんが、今回は首の色も測ってもらいました。

わずかに黄みよりだったけど明度、肌色ともに誤差はほとんどない感じ。

タンクッションエクラの位置づけ

タンクッションエクラは現在6種類あるクレ・ド・ポーボーテのファンデーションの中でもシアーで艶のある質感が特徴

タンクッションエクラ クレ・ド・ポーボーテ
出典 : ”肌を主役にする”クレ・ド・ポー ボーテのスキンケアクッションファンデーション「タンクッションエクラ」発売

カウンターで伺ったお話によると、今年の2月にでたタンプードルクレームエクラよりも、タンクッションエクラのほうが人気があるそうです。

タンクレームドエクラはマットなので、これからの季節使うとしたらやっぱりタンクッションエクラを選ぶのはまぁそうなりますよね〜という感じ。

カバー力が欲しかったり、リキッド状のファンデーションは夏場どうしても崩れるという人はタンプードルクレームエクラのほうが良いのかもしれません。

タンクッションエクラのお気に入りポイントは

私のお気に入りポイントをいくつか紹介します!

まず、クッションファンデの要、スポンジ。ファンデはまだ在庫がある、ちょっと予算が・・・という人、スポンジだけでも買ってみて!!!というくらいの気持ち😂

スポンジは表面がマシュマロみたいな感じで、ファンデーションの吸い込みは割といいタイプ。コスパが悪いと感じる所以は使用量以上に吸い込むからとか・・・?

私表面がつるつるのスポンジ嫌いだからこれが良いな〜。

タンクッションエクラ クレ・ド・ポーボーテ
別売りで700円で買えるそうですよ。
タンクッションエクラ クレ・ド・ポーボーテ
スポンジで薄く重ねて肌の粗をソフトフォーカス

さり気なく確実に肌の粗を隠してくれる

ちょっと見てほしい。左が指でつけて、右はクッションファンデのスポンジでつけた状態。重ねても均一にピタッと薄膜のようについています。(土台はアクリルです)

高級ストッキングみたいな控えめのツヤだけど確実にきれいに見せてくれるこの感じ伝われ・・・!!!!

リキッドファンデだとアクリル板やガラス板に塗布しても拭いたらすぐきれいになるんだけど、これは結構密着度が強くてメイク落としでくるくるしないと落ちなかった。

密着度の高い仕様&薄く重ねていけることで保湿力はあるのに崩れにくい、というわがままオーダーを実現させているのか・・・と納得。

下地はタンクッションエクラと相性のいいヴォワールトランスパラン

Twitterであやんぬちゃんに下地はどうしてる?と聞いたら
他ブランドのものを使っていると言っていたので特別クレ・ド・ポーボーテで揃える必要性はないかと思いますが、
一先ず最初につけてもらったときに感動したのがこの組み合わせだったので
今回はブランドを揃えてみました。

下の画像のは、右側がヴォワールトランスパラン、左側がタンクッションエクラ。
上がクッションファンデのスポンジでつけたときの感じ。
うすピンクのリキッド状の液体でサラッとしていて、皮脂を抑えてくれるものなのでこれから気温が上がってくることを考えると理にかなっていると思います。

ほんのりローズ調の香りも肌も気分を上げてくれます。

タンクッションエクラ クレ・ド・ポーボーテ
タンクッションエクラ クレ・ド・ポーボーテ
すりガラスみたいに肌のあらや光をソフトフォーカスしてくれる。

下地はもともと評判がいいですよね。クリームの方は前に使っていたけどこっちは初めて。

タンクッションエクラの塗り方について

タンクッションエクラは、頬骨の上辺りから塗り始めます。

スポンジに指を3本通してしっかり固定して、全面ではなくスポンジの3分の1くらいにファンデーションをつけて使います。

塗り方は、決して滑らすのではなく点または面で塗っていきます。

まず顔の広い部分、目の下から顎にかけては“点”で、トントンとスタンプするようになじませていきます。

最初に目の下から頬骨にかけてを数回往復させてスポンジをなじませたあとジグザグに下に降りていきます。

片頬につき1回クッションに染み込ませる程度でOKだそうです。

小鼻や鼻の下など、細かい部分はスポンジの面を押し当てるように“面”についたファンデーションを転写するようなイメージで。

小鼻は特にこの方法でやると毛穴が目立たなくなりましたよ。

眉間からおでこに向かっては頬と同じようにスタンプのように塗っていきます。最後に気になる部分はパウダーやコンシーラーなどで整えたら終わり。

パウダーは必要がないくらいの丁度いい艶だなと思っていますが、
パウダーチークをつけたりするときは少しサラッとしてる方がつけやすいため薄くルースパウダーをフェイスブラシでのせています。

クリームチークのときはパウダーは使っていません。

スタンプ塗りは結構細かくとんとんする感じ。腕は疲れるが仕上がりが良いのでがんばります。

コスパはあまり良くないけどよく考えてみよう。ファンデを使い切ったことがあっただろうか?

中学生くらいからファンデーションを使うようになって、今まで何十本のファンデーションを買ってきたか・・・

そのうち何本使い切っただろうか・・・

片手で足りるくらいしかないと思うとベースメイクにコスパを求めるのは間違いではないか・・・?

タンクッションエクラは1個使い切るのにどれくらいかかりますか?と、BAさんに聞いてみたところ、
毎日朝と化粧直しに使って1.5ヶ月くらいだそう。

コスパがあまり良くないと聞いていたので質問してみました。

私の場合は毎日ファンデーションを塗らないし、
お直しもほとんどしないので意外と持ちそうだな、という感想。

コストパーフォーマンスを求めるあまり、本来の目的である肌を整える部分を妥協するのでは
本末転倒なので私は納得してタンクッションエクラにしました!

日中ファンデーションを塗っている時間が長い人ほど美容液成分が入ったものを使ったほうが良いんじゃないかなと思っていて。

うら若きJKの頃、メイクはベースメイクに一番お金をかけなさいって大好きだったお姉さんに教えてもらったこと、今も頭の片隅にあります。

あとなんとなく肌が上手に出来上がるとあとのメイクも全部うまくいったような気持ちになる。だから私はどれかひとつだけコスパを度外視するとしたらベースメイクかな。

ちなみにクッションファンデーションのレフィル部分の容器はタッパーみたいに密閉性が高い構造になっているので使っていないうちに乾いたり蒸発するという心配はなさそうです。使い終わったら縁をちょっとぐっと押し込むと密閉状態になります。

BAさんに教えてもらったのだけど、少しでも長持ちさせたいときはクッションを裏返して使うと少し寿命が伸びるのだとか。商売気ないなぁ😂
これは是非試してみたいですw

コスパ重視!という人はタンクッションエクラよりもクリームやリキッドのファンデーションを選んだ方が良いと思います。

最近のファンデーションはどれもすごい

所謂高級ファンデーションというカテゴリーのものは仕上がりが綺麗で、甲乙つけがたいですが、
この価格帯のファンデーションにしてはカバー力がナチュラルだったので気に入りました。

落としたあとも肌が疲れなくて早くも気に入っています。買ってよかった♡

コンパクトもすごく分厚いわけでも大きすぎるわけもなく、ポーチに入るサイズなのも嬉しい。

次はクレンジングかな〜。

以上、タンクッションエクラを検討中の方の参考になれば嬉しいです!

information

アイテム名タンクッションエクラ | クレ・ド・ポー ボーテ
価格各9,000円(税抜)
メーカークレ・ド・ポー ボーテ
その他ブレインスキン理論に着目した独自成分 イルミネイティングコンプレックスEX配合(保湿・整肌)

ファンデーション クッションタイプ
SPF25・PA+++
全6色 各9,000円(税抜)
レフィル 全6色 各7,000円(税抜)
パフ(タンクッションエクラ) 700円(税抜)
関連カテゴリー
キーワード:
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.